MENU

インプラントの値段や相場や費用について

インプラントの値段や相場や費用について

 

隔年で全国の歯科医院を対象に「インプラント費用の徹底調査」を行なっている日本インプラントセンターの発表によれば、2011年度のインプラント治療平均価格は32万5000円だったそうです。

 

1人1人の患者さんによって治療内容も難易度も異なり、都市部と地方など地域性によって相場は変わるため、この治療平均価格をそのまま費用相場だとは断言することはできません。
が、ほとんどの良心的な医院でのインプラント治療の相場は検査・診断費なども含めて1本あたり「30万〜45万」程度だと言われています。

 

さて、この「インプラント費用の徹底調査」において面白いのが、『全国362院を調査した結果、1本あたりの価格差が最大で38万円も出た』という点です。

 

これは患者さんの歯の状態と治療の内容、人工歯の種類、手術の難易度などによって変動があることが大きな要素として含まれます。
もうひとつの原因は、インプラントの費用が保険診療のような国が定めた金額ではなく、各歯科クリニックごとで自由に定められた価格となっていることです。
ですから、「安いから粗末な器具を並べる」「高いから良い器具を並べる」とは一概には言えません。
インプラントの価格は各医院や医師ごとに、自分たちの技術や設備、器具、症例数、実績などの要素をもって定めている料金です。

 

とはいえ、「格安だから」という理由で病院を選ぶのは大変危険です。
あとでも説明しますが、歯科技術の中でも難しい治療であるインプラント治療において「格安」で技術を提供するには、何よりそれなりに理由があるのです。
適正な価格で納得の行く治療を受け取るためには、大変でも患者さん一人ひとりが敢然と医師や医院を見定め、安心して治療を受けられる病院を探すことが不可欠です!

 

 

最近はインプラントを行うクリニックが増加していますが、その中で「1本9万円!」などと、インプラントの値段の安さを売り文句にしたクリニックが散見されるようになりました。
もともと高額なインプラント治療ですから、「こんなに安くできるなら…」と格安インプラント手術を受ける人は少なくありません。

 

値段の安さは確かに大きな魅力です。
けれど、格安インプラントには落とし穴があるのも事実。
というのも、治療時にはそれなりに素晴らしく出来上がり
「なんだ、安くてもそれなりに大丈夫じゃないか…」
と思うかもしれません。
しかし5年も経過する頃にはインプラントが脱落するなど、不具合が起こるケースが非常に多いのです。
結果として再度手術を受けることになり、最終的には高くなった…
そんな事例も実際に多く起きています。

 

歯は一生のおつきあい。
気持ちよく食べ物を噛める喜びは、何物にも代えられません。
体の一部、そして人生の一部となる歯ですから
「安かろう悪かろう」
では取り返しがつきません。
後になって耐え難い思いをしないように、信頼もらえるクリニックをしっかり探して選ぶことが大切だと言えます。

 

そもそも「1本9万円!」など、業界的にありえない低価格で広告を出しているクリニックでの治療は、実際に受けてみると全くその金額内でおさまらないことがほとんどです。
悪徳不動産業者が、実際には存在しない魅力的な条件の物件を広告に出していることと同じです。
その広告を信じてクリニックに足を運ぶと、
「あなたの歯の状況から見ると通常の治療法ではなく、厳しい手術が必要に至る・・・」
などと言って、広告とはかけ離れた値段のインプラント治療を求められるのです。
そうした詐欺まがいのクリニックが、残念ながらとても多いのが現状です。
実際にクリニックに赴き、先生からもっともらしい説明を聞いてしまうと、
「先生がそう言われるなら…」
などと、言われるがままに不要な高額治療を受けてしまいがちです。

 

こういった被害にあわないために、インプラントは安心な医院で受けることを前提とし、必ずカウンセリングを受けることを強くオススメします!
当サイトでは、インプラント治療前のCT撮影を含む検査及び診断(約30,000円)が無料で受けられる歯科医をご紹介しております!!

 

 

これまで「インプラントには健康保険は適用されない」が通例でしたが、平成24年4月から、病気や事故などで顎の骨を広い範囲で失ってしまった場合に、インプラント治療が保険適用変わることとなりました。

 

適用変わる範囲は、上顎の場合は顎の骨の1/3以上が連続して欠損している、もしくは上顎洞、または鼻腔へと繋がっていると診断されていること。
下顎の場合は顎の骨の1/3以上が連続して欠損している、もしくは腫瘍などの病気によって下顎を切除したと診断されていることとなります。

 

また保険適用変わるには、国が定めた以下の条件を満たさなくてはいけません。

 

・腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気や、事故の外傷などによって、広い範囲で顎の骨を失ってしまった状態であること。
またはこれらが骨移植によって顎の骨が再建された状態であること。
・医科の保険医療機関の主治医によって、先天性疾患(うまれつきの病気)と診断され、顎の骨の1/3以上が連続して欠損している状態であること。
・顎の骨の形成不全であること。

 

なお、歯周病や加齢によって顎の骨がやせ細った場合などには適用されません。
また、保険適用の中には初診料や材料費、入院費などは含まれていません。

 

治療を受けられる病院の条件も、下記のように細かく定められており、一定基準を満たした施設のみで、健康保険診療として適応できるようになっています。

 

・歯科又は歯科口腔外科を標榜している保険医療機関であること。
・当該診療科に纏わる5年以上の経験および当該療養の3年以上の経験を抱える常勤の歯科医師が2名以上配置されていること。
・ベッド数20床以上の入院施設を持つ「病院」であること。
・当直体制が整備されていること。
・医療機器保守管理及び医薬品に関する安全確保のための体制が整備されていること。

 

インプラントを選ぶにあたって「値段が高いのでなかなか勇気が出ない」という人は少なくありません。

 

インプラントは通常の一般診察と異なり、健康保険に適用されない自由診察のため治療費は100%患者の自己負担となります。
また、インプラントの上にかぶせる上部構造(人工歯)や、インプラント(人工歯根)費用などは原価自体が高額なため、治療費以外の費用がどうにもかかってしまうのです。
他の歯科治療に比べてインプラントの値段が高額なのは、そうした事情が背景にあります。

 

ただし、インプラント治療は「医療費控除」の対象であることは覚えておきましょう。
医療費控除とは、納税者や家族が病院で診察や治療を受け、年間合計10万円以上の医療費がかかった場合、納めた税金の一部が還付変わる制度のこと。
検査・診断料からインプラント・かぶせ物の費用、手術費、通院のための交通費まで、インプラント治療にかかった値段を確定申告すると、費用の一部が戻ってきます。

 

医療費控除の申告には領収書が必要となりますので、必ずレシートは保管しておきましょう。